h1_noode0uc

 クラウド化された業務システムの最大の価値は、思いどおりのIT戦略を実現する柔軟性にあります。Node0 UC (Utilized Cloud)は、柔軟性が失われた既存業務システムのクラウド化を支援し、情報部門の機動力を飛躍的に向上させます。

Node0 UCの特長

 近年の業務システムの高度化・複雑化によって、業務システムへのガバナンスは低下し、情報部門は徐々に身動きが取りにくくなっています。Node0 UCは既存業務システムのクラウド移行を支援し、「お客さま自身による、業務システム」の実現を目指すソリューションです。

 ITガバナンスを強化する上で、クラウドはすばらしいツールとなります。システムの構成を瞬時に変更できるクラウドでは、限られた人員ですばやく・柔軟に業務システムを構築・運用できます。

 Node0 UCは、業務システムのクラウド化ノウハウを「アドバイザリー」「クラウド基盤」「サポート」の3つにパッケージングしました。これらを元に、既存業務システムの「3つの不安」を解消し、クラウド化の効果を最大化します。

  1. オンプレミス環境で稼働し続ける不安
  2. クラウドへの移行作業の不安
  3. クラウド上で稼働させる不安

 クラウドは万能ではなく、ITガバナンスを強化する手段の一つに過ぎません。ノーチラスがこれまでに培ったクラウド化の経験・ノウハウを共有し、クラウド時代の情報部門のあり方を一緒に考えて行きましょう。

資料請求・お問合せはこちら(PDF)

サービス構成

アドバイザリー

 クラウド化によるITガバナンスの強化には、お客さま自らの主体性が欠かせません。アドバイザリー (Node0 UC Advisory)では、ユーザーが主体性を持つ形で、どのように自らのシステムのクラウド化を進めたらよいか、より適切な方針や手法を提供します。主体性を損なう形で無理にクラウド化を進めたとしても、クラウド化の効果は限定的です。

 お客様がクラウド化を検討する既存業務システムの中には、クラウド化のメリットを十分に享受できないものや、移行が困難なものが少なからず紛れています。クラウド化の効果はあるか、リスクをどう取り扱うか、どうやって進めていくか、さまざまな不安に対して、ノーチラスの経験者がプラクティカルな解決案をアドバイザリーとして提供します。

主なアドバイザリーの内容:

  • クラウド化の効果に関するアドバイス
  • クラウド上のアーキテクチャ・システム構成に関するアドバイス
  • クラウドへの移行計画に関するアドバイス
  • システムの運用計画に関するアドバイス

クラウド基盤

 Node0 UCのクラウド基盤 (Node0 UC Environment) は、実績の多いアマゾン ウェブ サービス (AWS) のクラウド上に、業務システムに特化した独自のツールやテンプレートを組み合わせています。

 クラウド上の個々のリソースは、オンプレミス環境の高価なハードウェア環境に比べると、信頼性はそれほど高くありません。代わりに、オンプレミス環境と比べて、データセンターをまたぐ冗長化・バックアップ・障害検知などが非常に手軽に行えるようになっています。ノーチラスはこれらのノウハウや道具立てを、クラウド基盤として提供します。

 また、クラウドとの直接契約はさまざまなリーガル・リスクを直接背負うことになります。ノーチラスの基盤を契約窓口として利用することで、直接契約のコンプライアンスリスクを軽減することも可能になります。

主なクラウド基盤の内容:

  • AWSのアカウント
  • 高可用性を実現するためのツール・テンプレート
  • 障害検知と回復のためのツール・テンプレート
  • 運用自動化・省力化のためのツール・テンプレート

サポート

 業務系のシステムでは24時間/365日の監視体制が必要です。また、障害時の対応窓口の確保は、業務システムをクラウド上で運用するためには必須と言ってもいいでしょう。Node0 UCのサポート (Node0 UC Support) は、24時間/365日の体制でクラウド環境の維持に当たります。

 なお、テクニカルサポートについては前述のアドバイザリーに含まれています。

主なサポートの内容:

  • リソース監視 (24時間/365日)
  • 事前作成マニュアルによるオペレーターの対応 (24時間/365日)
  • 問題分析に有用なクラウド基盤が保持する情報の提供

お問い合わせ・資料請求

 Node0 UCのお問合せや資料請求は、こちらから行えます。

資料請求・お問合せはこちら(PDF)