流通ビジネスメッセージ標準®(流通BMS®)対応ソフトウェア 「UJX」

「UJX」は、インターネットを活用した流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)対応ソフトウェアです。
流通BMSでは、サーバ型の通信とクライアント型の通信の2通りの通信方法があり、弊社ではサーバ型通信に対応ソフトウェアをご用意しています。

製品の紹介

UJXサーバ(サーバ型通信ソフトウェア)

・流通BMSの各種メッセージに対応流通BMSVer基本形1.0、1.1、1.3、生鮮Ver1.1に対応
・マルチスキーマ対応通信先ごとに流通BMSが異なるバージョンであっても対応可能
・サーバ-サーバ間通信・サーバ-クライアント間通信に対応大容量の通信を行うためのebXML、中小規模の企業との通信を行うためのJX手順の両方の通信に対応
・伝票明細トレースを実現一連の取引における明細の変化を記録しており、欠品・返品の発生した明細を明細単位で検索が可能
・既存システムとの連携機能業務アダプタで業務システムのデータと流通BMSの変換を行い連携CSV変換対応のオプション製品もある

logo_ryutsubms.png

従来のJCA手順に代わり、次世代XML-EDI(流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS))対応ソフトウェアに対応した企業間取引を導入コスト・期間ともに約"1/3″※で実現することが可能です。

製品の組み合わせや取り扱いデータ量によって、異なる場合があります。

※「流通ビジネスメッセージ標準」及び「流通BMS」は、財団法人流通システム開発センターの登録商標です。