お知らせ

アマゾン ウェブ サービス / Asakusa Frameworkセミナー@沖縄のお知らせ

2012年02月17日

2012年3月16日(金)、那覇市IT創造館にて行われる「アマゾン ウェブ サービス / Asakusa Frameworkセミナー」で講演を行います。

企業内のいわゆる「基幹系バッチ処理」については、「Hadoop/Asakusa」の活用による、クラウド化が加速しています。「Hadoop」とは、並列分散処理で莫大な情報を短期間で処理できるようにしたオープンソース・ソフトウェアであり、これを基幹バッチ処理に応用するためのフレームワークが 「Asakusa Framework」です。

本セミナーでは、クラウドの活用による基幹業務の並列分散処理について、すでにAWS上で稼働中の先端事例を交えて解説をしてまいります。

またクラウドサービスの世界最大手である「アマゾン ウェブ サービス (AWS)」は、2011年3月に日本国内でのデータセンター運用と、日本語での24時間テクニカルサポートを開始しました。2011年8月に Amazon VPC (Virtual Private Cloud) の提供が開始されたことにより、今後は企業内ユーザーの利用もますます拡大していくことが予想されます。今回のセミナーでは、日本でこれらのサービスを手がけるアマゾン データ サービス ジャパン様より、AWSが提供するサービス群の紹介と、それらが企業ユーザーに提供するメリットの解説も行われます。

ご多忙中とは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日時
2012年3月16日(金) 14:00~16:45
(開場 13:30より)
開催場所
沖縄県那覇市銘苅2-3-6 那覇市IT創造館
※ご来場の際には、公共交通機関をご利用ください。
 お車でご来場の際には近隣有料駐車場をご利用ください。
参加費
無料(※事前にフォームまたはATNDでのお申し込みが必要です)
講演者
・アマゾン データ サービス ジャパン株式会社
 ソリューションアーキテクト 松尾康博
・株式会社ノーチラス・テクノロジーズ
 代表取締役副社長 神林飛志
講演内容
・アマゾン ウェブ サービス(AWS) のご紹介
・HadoopとAsakusaを使用した基幹系バッチ処理の高速化について
対象となるお客様
・アマゾン ウェブ サービス(AWS)にご興味のある方
・基幹業務系のバッチ処理に時間がかかってお困りの方
主催
株式会社ザイナス
参加申込
参加を希望される方は、お手数ですがフォームもしくはATNDよりお申し込みください