お知らせ

伊藤忠テクノソリューションズの「クラウドネイティブ・アプリケーション」開発に Asakusa Framework が採用されました

2014年01月22日

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)が開発を開始した、インフラを自動制御する「クラウドネイティブ・アプリケーション」に、ノーチラス・テクノロジーズがサポートしているAsakusa Framework™が採用されました。

・「クラウドネイティブ・アプリケーション」開発開始 プレスリリース

CTC、インフラを自動制御するクラウドネイティブ・アプリケーションの開発を開始 アプリケーションが処理内容に応じてITリソースの増減を判断

Asakusa Framework™ とは、Hadoop 上で大規模な基幹バッチ処理を行なうためのフレームワークです。大容量データを多数のサーバに分散し、並列処理させることで高速なデータ処理を実現しています。

ノーチラス・テクノロジーズは今回のCTCによる「クラウドネイティブ・アプリケーション」開発の取組みを心より歓迎いたします。